豊瀬恒介 写真展「鼓楽同志」

このイベントは終了しました。

自然写真家の豊瀬恒介氏の作品20点を展示しています。
12月3日(日)には「鼓楽同志」のスペシャルライブを1階ギャラリーにて開催します。
(13:00開場、13:30開演)



メッセージ


「すごい」それが鼓楽同志のライブを初めて見た時の印象。

普段は野生の動植物や風景の一瞬の光景を撮影していて、人物はあまり撮らないのですが、

鼓楽同志を見た瞬間に「撮りたい」と思いました。

まず太鼓を叩く姿が格好良い、そして心から楽しそうで生き生きした表情をしている。

迫力ある演奏は言うまでもありません。

そんな鼓楽同志を撮るチャンスが、意外にも早く訪れました。

白金太鼓を習っていた娘が、鼓楽同志のメンバーにも入れていただけたのです。

それ以来、鼓楽同志の演奏がある度に娘の追っかけ撮影をするようになり、

鼓楽同志の魅力に更にはまって行くことになりました。

今回の写真展では、鼓楽同志の皆さんが心から演奏を楽しんでる姿を、

そして普段は目にする事の出来ない練習風景を、

多くの人にお届けできたらなぁと思っています。

今回特別に、12月3日に鼓楽同志のライブをしていただける事になりましたので、

皆さんお誘いあわせの上お越しいただけたらと思います。



豊瀬恒介プロフィール


自然写真家

1970年 埼玉県生まれ
1998年 美瑛町に移住・写真家として独立
個展・グループ展等多数、各地で開催

ブログ「写真家 豊瀬恒介の想い・・・美瑛発」



鼓楽同志プロフィール


結成3年。メンバー14人。
「太鼓を楽しむ」という同じ志をもつメンバーを募り、担いで叩く太鼓「担ぎ桶太鼓」を使い、
太鼓の楽しさをいろんな人たちに伝えていく活動をしている。
美瑛のお祭りやイベントに出演、旭川でもよさこいイベントなどに参加している。